原神:キャラ紹介【煙緋】

こんにちわ。氷上です。
今回は【煙緋】の紹介です。うちの第二PTのアタッカー!

璃月で活躍する法律家で、その正体は仙人。
真面目で勤勉で公平な彼女は、数々の問題を円満に解決することで、璃月の人々からもてはやされいます。主人公に対しても公平に気兼ねなく接してくれて、常に同じ視点からアドバイスしてくれて、決して頭がいいことをひけらかさない点が好感を持てますね。

ver1.5の鐘離復刻ガチャで初登場し、同時実装の「塵歌壺」入手イベントで活躍した彼女。私のPTは常に炎属性をまとって攻撃するキャラが不足していたので、実装時は鐘離先生そっちのけでガチャを回しました。


立ちモーション。クールな外見に腰のリボンが愛らしい


本を読んで情報の確認。勉強家なんです。


ステータス画面ではクールなイメージ。だが実は口元が笑ってる。

そんな彼女の戦闘スタイルは、法器を装備しての炎元素遠隔アタッカー。炎弾と爆発を操り、プレイヤーの火力になります。

通常攻撃や元素スキル、元素爆発を駆使し、「丹火の印」を集め、重撃で高火力を叩き出すのが彼女の戦闘スタイルです。
通常攻撃の射程が恐ろしく長く、またリズムよく連射できます。
元素スキル、元素爆発共に出が早く、通常攻撃のリズムを崩しません。
重撃も出が早く、ほとんどスキなく攻撃が出来ます。「丹火の印」が3枚揃っている時は1万ダメージをゆうに超えるダメージを出してくれるので、硬直の短さも合わせて彼女の火力ソースになります。


矢印が「丹火の印」。重撃の火力をあげることが出来る。


中距離を爆撃する元素スキル。出が早くてリズムを崩さずに攻撃できる。


煙緋の周囲を爆破する元素爆発。カッコイイんだけどわざわざ敵に近づかないといけないのが欠点。


重撃では、判子を作り出してそれを叩きつける。「丹火の印」の数に応じて範囲と火力が強化される。

そんな彼女の欠点は、元素爆発の火力がちょっと控えめな所と、相性のいい武器が無課金で手に入らない点、最後に、空中に浮いている敵に重撃が当たらない点でしょうか。元素爆発の火力は重撃でカバーするにしても、空中の敵が苦手なのはどうしようもないので、うまくサブアタッカーでカバーしたいところです。

元素爆発が補助で、重撃で火力を出すという面白いコンセプトのキャラなので、引き当てた際にはひとまず使ってみて、彼女特有の面白さを感じてくれればいいな、と思います。
終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です