FGO:サーヴァント紹介37 ーギルガメッシュ(弓)の使い方ー

水着記事をコンプしようと思ったら水着の季節が終わっていた・・・。

こんにちわ。氷上です。

言い訳は色々あるんですが、もうこうなったら仕方ない。
幕間キャンペーンからのバトルインニューヨーク2019の発表がありました通り、次に来るピックアップは恐らく弓ギル!!
というわけで弓ギルの活用記事を書いていきますよー!

よくイシュタル、弓ジャンヌ、ニコラ、ナポレオンと比較される弓ギル。
全員NPチャージを持っていて全体宝具なんだから仕方ない。
その辺の比較は最後の方でするとして、初心者向けに強化前の弓ギルの性能をまずみていきましょう。

ギルガメッシュ(弓) ☆5・アーチャー・期間限定

役割:アタッカー
スキル:カリスマ 【味方全体の攻撃力アップ(3T)】
    黄金律  【自身のNP獲得量をアップ(3T)】
    コレクター【自身にスター集中状態(3T)】
      ┗強化後:バビロンの蔵【自身のNPを増やす を追加】 
   
宝具:敵全体に[サーヴァント特効]攻撃 
    ┗強化後、攻撃前に宝具威力アップ(1T)

評価
・スキル成長優先度:〇111でも使える △666は欲しい 101010にしないと微妙
   ┗強化後ならスキル3を高レベルにもっていきたい。

・フレンドとして:△誰でも使いやすい △使うには慣れが必要
   ┗防御スキルが全くないので、初見で使うとけっこう危うい。
    が、宝具さえぶっぱすればいいと考えると実に初心者向け。

説明
Fateを代表する鯖の一人といっても過言ではない金ピカ王様。7章では賢王として術モードで登場という驚きをユーザーに与えた。本編でこの金ピカは見られないのかと思いきや、なんと・・・!!詳細は、実際のプレイにてお楽しみください。

 

-初心者が自分で引き当てた場合の使い方-
【この項目ではギル(弓)の宝具強化、スキル強化がまだできないことを想定してお話します。】

この記事は強化されていないことを前提にお話ししますが、ギルの場合早いうちに幕間の物語をクリアして、宝具強化、スキル強化を終わらせた方が良いです。
宝具強化で宝具威力が50%以上上がり、スキル強化でNPチャージがつくためです。使い勝手が圧倒的に変わってきますよ。

さて、それは置いておいて、弓ギルの最大の長所はその宝具の〔サーヴァント特攻〕にあるといっても過言ではありません。一部例外的に特効が乗らない鯖が存在するものの、大半のサーヴァントに有用な宝具となっています。
大抵の高難易度ではサーヴァントがボスとなっているため、それに対してアドバンテージを持っているのは大変に有用でしょう。

また、各カードのHIT数が多いのも特徴です。全てのカードのHIT数が5HIT、エクストラに至っては8HITするため、スター生産能力が高いです。また、オーバーキル等を狙いやすくなるため、コレクターによるスター集中と、黄金律によるNP獲得量アップでいっきにNPを稼ぐことも可能となっています。

コレクターによるスター集中の恩恵はNP稼ぎだけではありません。レベル1の頃から高いスター集中量を持つため、出た星をほぼ独占することが出来るため、高威力の攻撃をガンガン連発することが出来ます。そしてHIT数の多い自身の攻撃でまたスターを出して、さらに削る。これでクリ威力アップがあれば無敵だった・・・!!と思いたくなるくらいに強いです。

しかし、ギル(弓)には明確な弱点も存在します。それは、防御スキルがなく、攻撃一辺倒なこと。サポートの誰かに防御を完全に依存することになるので、マーリンやダビデ、トリスタンは相棒に必須となってきます。

-強化終了後の弓ギルの使い方-

強化が終了した弓ギルは、その宝具の破壊力だけで天下をとれるほどの化け物となります。だって、サーヴァントに撃った宝具威力が、他の鯖の単体宝具並みのダメージだすんですから。単体宝具3発分をぶっぱ出来るって弱いわけがないでしょう。NPチャージのお陰で宝具を撃つ間隔も短くなる上に、上記のNPの貯めやすさ、クリティカルの出しやすさはそのまま。しかもスキルレベルを上げたら上げた分しっかり効果として返ってくるわかりやすさ。言動とちがって実に素直なサーヴァントだ!!

さて、ここで宝具、スキルの詳細を見ていきましょう。もちろん強化後のものです。

宝具:天地乖離す開闢の星〔エヌマ・エリシュ〕:幕間による強化で火力底上げ+事前の宝具威力強化のお陰で化け物のような火力を発揮するようになった宝具。その火力はサーヴァントに撃てば、上記した通り「単体宝具威力の全体宝具」なので、いわゆるラッシュ系というサーヴァントがたくさん出てくるクエストに向いている。その向き不向きはランサーが敵にいようとお構いなしな程。(ただ、ランサーに狙われるとすぐ落ちる)
彼の仕事はこの宝具をいかに連発するかにかかっているといっても過言ではないため、スターの集中、NP獲得量アップ、スターの生産方法を考えて運用するのが大事。

スキル1:カリスマ:カリスマ。どこまでもカリスマ。但し、ランクが非常に高いので、実際の火力の上昇は思ったよりもよい。・・・よいが、優先したいほどではないのが少し寂しい。

スキル2:黄金律:NP獲得量を増やしてくれるスキル。レベル1では心もとない数値で、スキルレベルに倍率をかなり依存しているので、早いうちに4か5まででも上げることを推奨します。
主だったタイミングはアーツカードを切る時か、敵が死にかけでオーバーキルを狙える時。宝具のHIT数は1なので、宝具と同時に使用するのは避けましょう。あくまで宝具を撃ちやすくするサポート的スキルなので、そこを意識して使うのが◎。

スキル3:コレクター→バビロンの蔵:スター集中の他、NPを最低20、最大30%チャージしてくれる、弓ギルのキモといえるスキル。通常の周回ではサーヴァントを相手にすることは稀有ゆえに、基本的に弓ギルの仕事は高難易度でサーヴァント相手に宝具を連発することになるので、少しでも連射力を上げるためにレベルは極力上げておきたいです。
NPチャージ効果が優秀すぎるために、スター集中を任意のタイミングで使いにくいという欠点がありますが、弓ギルを編成する場合残りの2枠は両方サポーターになるケースが大半のため、全く気にしないで問題ありません。いかにギルに攻撃させるか、ギルのNPを早く貯めるかに腐心しましょう。

さて、こうやってみて改めて思うのは、本当に防御スキルが皆無な点ですね。火力オバケ。防御力が全くない、宝具を即撃ちたい、可能なら宝具威力をさらに高くしたいので、彼と組み合わせるならマシュマーリンが非常に相性がいいでしょう。
マシュのスキルと宝具で恒常的に防御力を上げ、敵が単体宝具だったり、ギルが死にかけるようならターゲット集中で守る。マーリンに至っては全てのスキル、宝具がギルと噛みあっているので、最優のパートナーともいえるでしょう。
次点では玉藻、孔明。低レアではシェイクスピア、アンデルセン。玉藻は宝具でNP配布とスキルキャスティングの短縮が出来るので、ギルの宝具を撃ちやすくなります。スキル1による敵宝具遅延もうれしいですね。孔明はその全スキルにNPチャージがついていて、ギルの速攻性を格段に上げてくれます。地味にダメージも大幅にカットしてくれるのがうれしい。宝具に防御ダウンと敵宝具遅延がついているのもいいですね。シェイクスピアは全体無敵のないミニマーリン。アンデルセンは毎ターンスター獲得&NPチャージがギルのバビロンの蔵と噛みあっていて初手3ターンで猛威を振るえるのがいいですね。ギルの持ってないクリティカル威力アップも実にうれしい。
ただ、次点のメンツは全員宝具そのものに対する対策を持っていないので、ダビデトリスタンも一緒に添えて全体回避で守ってあげると良いでしょう。

-競合との差別化 弓ギルの活かし処-

まだ競合の個別ページが出来てないのが痛いのですが、いずれ作ります・・・。
ギルの競合となる鯖はイシュタル、ニコラ、ナポレオン、弓ジャンヌとなります。
まず前提として、ナポレオン以外は全員、スキルによるNPチャージ量はギルより上です。
イシュタルは1ターン後に火力が上がるという、使いにくいけど高火力になるスキルを持ち、宝具で星が出せる。また、確率スキルで不安定とはいえ無敵、無敵貫通を持っています。
ニコラは〔天or地のサーヴァント〕特効という、ギルの特効効果を狭めたような宝具を持ちます。宝具にスタン効果がついているのが大きな違いですね。デメリットつきなので基礎火力も高いです。宝具防御手段はガッツ。無敵貫通などギルにはないギミックを持っていますので、状況による対応力はギルより高めといえるでしょう。ただし、こちらも確率スキル持ちで、安定しません。
ナポレオンも自身を守るスキルはナシ。但し、彼は味方をサポートするのに長けたスキルを多くため、立ち位置はアタッカー兼サポーター。ギルとは競合のようで、バトルフィールドが明確に異なります。周回向けです。
弓ジャンヌはまず宝具の色からして違いますね。アーツ宝具で多段HITのため、宝具の連射力は彼女の方が上です。無敵を持ち、宝具によってスターを生みだすことも可能です。ただ、宝具単発の威力はギルより明らかに低く、素のATKも低い(ギルは高い)点が大きな相違点でしょうか。

そして、ギルの長所ですが、やはり「宝具威力」の一点張りです。
特攻対象にはニコラ、ナポレオン、弓ジャンヌのフル支援の約1.3倍のダメージを叩き出します。イシュタルにはフル支援での宝具威力は劣ってしまいますが、イシュタルには「1ターン後に火力アップ」という扱いにくいスキルの恩恵も含んでいるので、実際にはどっこいどっこいというところでしょう。
他の競合と違い、スキルによる補正がほとんど存在しない(自前の威力アップスキルはカリスマのみ)ので、スキルに頼らず、どんな状況でも高威力の宝具を撃てるのがギルの強みと言えます。
連射力では確実に弓ジャンヌに劣るので、高難易度で耐久前提の場合は弓ジャンヌに軍配が上がりますが、速攻気味の行動をとるなら他のバスター宝具メンバーとは一長一短。その中で、確率に左右されずに、どんな状況でも安定した高威力宝具を叩き出したい人にギルは向いていると思います。

実際につかっていて、防御を全部周りまかせにして攻撃に傾注出来るギルは悩まずにプレイできて非常に楽です。そういった人にもオススメできますね。

気に入った方は、是非ギルガメッシュピックアップ、引いてみてはいかがでしょうか?

終わり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です