FGO:初心者向け?サーヴァント紹介11 ー鈴鹿御前の使い方ー

こんにちわ。氷上です。

皆さんバルバトス狩りがんばってますかー?
私はひとまず目標の2億QPをためれたので満足しております。
まぁ、たぶん1か月持たず溶けきるんだけどね・・・
もっとリンゴかじろうかな・・・うーん。

さて、久しぶりのサーヴァント紹介記事になります。
今回は嫁からリクエストのあった鈴鹿御前。ケモミミJKですね。この間のCCCコラボで入手した人も多いかと思います。NPリジェネを持っている珍しいセイバーで、私はよく礼装制限の多いイベントでお世話になっています。さて、彼女の長所と短所はどのあたりにあるのでしょうか?ではでは・・・

鈴鹿御前 ☆4・セイバー・恒常
役割:アタッカー
スキル:神通力  【自身のバスターカード性能アップ(1T)、スター発生率をアップ(1T)】
    魔眼   【敵単体男性を確率で魅了、攻撃力をダウン】
    才知の祝福【自身に毎ターンNP獲得(5T)、必中(3T)、宝具威力アップ(3T)】
宝具:敵全体に強力な攻撃、自身のクリティカル威力アップ。

評価
・スキル成長優先度:△111でも使える 〇666は欲しい 101010にしないと微妙
          ┗特にスキル3は伸ばせば伸ばすほど使い勝手が上がる。
・フレンドとして:〇誰でも使いやすい 使うには慣れが必要
→スキルも宝具もわかりやすく、使い勝手が非常に良い。

説明
鈴鹿御前は『Fate/EXTRA CCC Foxtail』で登場し、CCCコラボにて実装、イベントでも活躍したサーヴァントです。宝具演出が純和風で恰好いいのに、JK口調でしゃべる、黙ってるとステキなサーヴァントです。和風ケモミミ巫女セイバーにJK属性とかどうやったら思いつくんだ・・・食べ合わせ最悪だろう・・・。私はその言動が最初好きではありませんでしたが、北斎体験クエストで好きになりましたね。さて、そんなJKサーヴァント、どうやって運用するのがいいのでしょうか?見て言いたいと思います。

-初心者が自分で引き当てた場合の使い方-
【この項目では鈴鹿御前の宝具強化、スキル強化がまだできないことを想定してお話します。強化まだないけどね!】
個人的には、鈴鹿御前は全セイバーを含めても非常に優秀な性能をしていると思っています。その理由はスキルと宝具の噛み合わせが非常に優秀だからですね。

まず、スキル3で他の鯖よりも早くNPを貯めることが出来、スキル1をつかいつつ宝具を放つ。宝具のHIT数が非常に多いため、スターが発生しやすく、それをスキル1がさらに加速してくれる。さらにさらに、宝具効果にクリティカル威力アップがついていて、先ほど出したスターで高威力のクリティカルを叩き込める。

うん、流れるような噛み合わせの良さです。しかもセイバーで一般的なQAABBのカード構成のおかげで、火力を出すのもNPを回収するのもそう苦労しません。自己完結性が非常に高いサーヴァントで、殴っているだけで強い。それが鈴鹿御前の長所ですね。

では、鈴鹿御前の短所はどこにあるのでしょうか?実は、短所らしい短所はありません。無理やり上げるとするなら、回避や無敵などを持っていない、スキル2の性能が鈴鹿御前の性能とかみ合っていない、セイバーなのでスターの集中率が普通で、大量のスターをうまく運用できない場合がある、程度です。
一つずつ解決策を見てみましょう。

まず、回避無敵がない点は、別の鯖か魔術礼装で回避無敵を付与するのがいいでしょう。魔術礼装でカバーするのが一番お手軽ですね。初期の礼装には回避がついていますので、それで延命可能です。また、マーリンやダビデ、トリスタンは味方全体に回避や無敵をつけることが出来るので、一緒にPTに組み込んでおきましょう。

スキル2の問題ですが、他のスキルが優秀な分、割を食っている印象がありますが、このスキル、こっそり優秀です。ランクが高いお陰か、レベルを10まで上げると、魅了確率が100%になります。このままだと弱体耐性もちには弾かれてしまう可能性が残るものの、行動不能系の効果をたとえ男性限定でも100%かけられるのは魅力です。また、攻撃力ダウンがついているため、男性以外を相手にしたときでも腐りません。(倍率は低いので正直気休め程度ではありますが・・・)
鈴鹿御前の運用とかみ合ってはいませんが、回避無敵がない鈴鹿にとっての延命手段になります。十分に強力な効果なので、安心してください。

最後に、スター集中度の問題です。まず、スター集中度というのは、クラスごとに異なっております。ライダーが非常に星をあつめ、次点がアーチャー。バーサーカーが全くスターを集められず、次点がキャスターという風になっています。
鈴鹿御前はセイバーなので、スター集中度は並です。なので、PTに意図的にスターの偏りを生じさせて、クリティカルを誘発するのが良いでしょう。このため、鈴鹿御前は周りをセイバーで固めるより、他クラスで固めた方が使い勝手が増すサーヴァントです。手っ取り早いのは、ライダー、アーチャーをPTに加えて、彼らにクリティカルを出してもらうことですが、ライダーもアーチャーも、セイバーとは得意なクラスが違いますね。なので、キャスターやバーサーカーを組み込んで、スターを鈴鹿御前に集める方を推奨します。バーサーカーはご存知のとおり、誰とでも相性が良く、キャスターは味方の支援が得意なサーヴァントが多いので、クラス相性を気にしなくても使いやすいです。もし、全員セイバーで固めたい場合には、スター集中礼装を装備しましょう。恒常の礼装だと、封印指定執行者、ルームガーターあたりがオススメです。特にルームガーターはダメージをカットしてくれて、延命に一役買うので鈴鹿御前と相性〇ですね。また、ホワイトデー前後に礼装を1枚選択してもらえるキャンペーンがあるのですが、その時に☆5のスター集中変更礼装がよく出るので、そこで交換を考えてもいいでしょう。

-初心者がフレンドとして鈴鹿御前を使う場合の活かし方-
→-スキルレベルのあがった鈴鹿御前の使い方-
例によって、☆4のためにほとんどサポートにでていないため、ここでは単純にスキルレベルのあがった鈴鹿御前の運用法を書いていきます。

スキルレベルのあがった鈴鹿御前は、低レベルの時と運用が大きく変わることはありません。しかし、スキル3のリチャージが最大で6にまで短縮できるために、ほぼ常時NPをリジェネし、戦闘の半数の時間で必中状態+宝具威力アップ状態という鬼モードに突入します。さらに、スキル1のレベルがあがっているため、宝具の星だしがさらに優秀に。あまりに星を出せるようになるので、先ほどかいたスターの偏りを気にしなくてもクリティカルを出せるようになります。(まぁ、それでも気にした方がクリティカルだしやすいですがね)
このため、イベントでままある、敵の数を増やして戦うタイプの長時間戦闘に強く、また敵の回避の影響をうけにくいために安定して戦う事が出来るサーヴァントへと成長していきます。
また、通常のストーリーやイベントストーリーでも、回避を連発してくるサーヴァントはある程度出てくるので、彼らを相手にする場合にも非常に頼りになる相方となってくれるでしょう。

総じて、雑につかっても十分な強さを発揮するサーヴァントですが、様々な知識を応用することによって、より高い性能を発揮するサーヴァントですので、気に入ったなら是非ともシステムに精通して、使い勝手をよりあげて運用してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です