プラモ:フルメタ:レーバテイン最終戦仕様届きました!

こんにちわ。氷上です。
今日起きたら彼女が空気の入れ替えをしていました。
花粉症酷くなるだろ!!?唯一の安息地が!!!(理不尽)
速攻で窓しめて空気清浄機をフルパワー運転ですよ。全く、なんてことをしてくれたんだか(超理不尽)

さて、3月に入りまして、以前購入したケータイのドコモポイントが支給されました。
キャンペーン中ということで、なんとその額1万P。
1P=1円計算なので、1万円欲しいものがタダで手に入る!

ということで、彼女と一緒に商品選びに没頭しまして、彼女が選んだのが仕事で使う、ipad用のApple Pencilの替え芯セット。
私はプラモ。や、だって私のつかってる液タブの替え芯なかったんだもん!!
なお、替え芯は2000円ちょっと。プラモは7000円

欲しかったんだもん!値下がったほうだし!前は一万近かったし!!!
彼女の視線に耐えつつ、郵送を心待ちにして・・・

thumbnail_20190314_134901
届きました!!!
デカイ!!かっこいい!!燃える!!!

レーバテインは、フルメタルパニックという小説(アニメ化等しています)に出てくるロボットで、主人公が乗る機体、アーバレストの後継機にあたります。これはその最終決戦仕様。背中に巨大なブースターが装着され、そのすさまじい噴出力で敵の待つ最終決戦地へと邁進していきます。
空中戦、すごいかっこよかった・・・。いや、それ以上に噴出前のやり取りに感動して涙でそうになったんです。うう、ちゃんと動いてよかったよ・・・!

元々、主人公である宗介は、アーバレスト(レーバテインの元になった機体)のことが好きではありませんでした。最新鋭の技術が盛り込まれたが、不具合も多い機体。動いてほしいときに動かない機体など、プロの乗るべき機体ではないと評して、毛嫌いします。しかし、アーバレスト側の事情のせいで、乗れることが出来るのは宗介ただ一人。アーバレストのAIは妙に人間臭く、それも宗介をいらだたせる原因になります。そんな中で下される、異動命令。警護任務を解き、アーバレストの操縦に専念しろ。宗介は反発します。そんな中で警護を解かれてしまった少女は、独力で宗介に会いに行きます。なにもかも投げ出したい気分になっていた宗介の前に現れた少女。彼女を守るために、宗介は再びアーバレストに乗り込みます。AIと和解し、アーバレストがどういう機体なのかを理解した宗介は、アーバレストの力を十全に引き出し、敵の撃退に成功します。

そうして、名実ともに主人公機となったアーバレストは、まさかの次々巻で大破。少女は連れ去らわれてしまいます。宗介の組織は壊滅。宗介は、なんの後ろ盾もないまま、少女を助け出しに行きます。激闘につぐ激闘。その中でできた仲間と呼べる存在すら失った宗介の前に現れた正体不明の機体。そこから漏れ出る聞き覚えのあるAIの声。そうして宗介はレーバテインに搭乗するのです!!読んでて感動した!思い返しても感動した!!どうしよう。またフルメタよみたくなっちゃいましたよ!!概要だけ書き出したのがもったいないくらい!!

フルメタル・パニック、非常にオススメ!です!!本編は渋く、熱い!高校編は笑う!そしてそれらを総括して収束にむけてひた走る後編はもっと滾る!!
古い小説ではありますが、今でも通じるパワーは十全に秘めている本です。最近の本に少し飽きたな、面白い本はないかな、という方、是非購入を検討されてはいかがでしょうか?

おわり!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です