オタクでヒッキーな彼女の話2

こんにちわ。氷上です。
今日もブログネタがないので、彼女語りを続けていきましょう。

彼女はゲームが好きです。
私もゲーマーですが、一点集中でどっぷりはまる私とちがって、彼女はあらゆるゲームを手広くプレイします。
今やっているゲームは、私が把握しているだけでも
うたのプリンスさま
ドラクエ10
FGO
プリンセスコネクト
歌マクロス
とジャンルも含めて多岐に及びます。
その上、YouTubeも良く見る。
猫動画からゲーム実況動画、良くわからないコントのようなものから、当然VTuberまで、ガシガシみます。

こうやってみると、彼女、ほんとーに女の子が好きだなぁってめっちゃ良くわかります。
ドラクエもFGOも主人公女でプレイしてるし、プリコネは女の子しかでてこないゲームです。うたのプリンスさまだけ、唯一男しかでてきませんね。まぁ、これは彼女の推しがいるゲームなのでしかたなしとして。

転じて、YouTubeになってくると、男性のものしか見ないんですよね。女性の声が流れるときは必ずVTuberです。
特に2名以上の男性が話しているコントものなどは延々ときいてます。割と恍惚とした表情で。何妄想してんでしょうかね。
そういえば、高レベルの腐女子は、えんぴつと消しゴムでイケるらしいのですが、うちの彼女はCDとCDケースでイケます。特に、CDケースに別のCDを入れるときなんかは、寝取られているみたいで興奮する、と熱く語っていただきました。ドン引くしかなかったよ。

ここまで観察を続けた結果、彼女の場合、男性の見た目の好みが滅茶苦茶うるさいって事がわかりました。
付き合って一年、彼女の琴線に触れた男性は、私が把握しているだけで来栖翔(歌のプリンスさま)とプロトアーサー(FGO)のみ。
逆に男の声だけとか、女の子の場合は、イケボイスだったり可愛かったらなんでもオッケー感が強いですね。

コミケ連れて行ったときもホモ本は一冊も買わなかったくせに、アルベド本(出典:オーバーロード)ばかり買いあさってたし。
あ、家には何冊かあります。ホモ本。怖くて読んでないけど。むしろ、半数近くが18禁マークついてないのが余計に怖いんですが。

そういえば、男性の好み云々について、彼女に尋ねたことがあるんですよね。私自身、あまり格好いいといえる見た目ではないのに、何故私を選んだのかと。
そしたら、こういわれました。「見た目なんて二次元のほうがいいに決まってんだからそんなもんどうでもいい」と。
うん、男らしい。

おわり!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です