第11回

こんばんわ。氷上です。
気づいたらもう11回ですよ。それなのに未だ自己紹介すら終わってないこのブログ、明日はいったいどっちなんでしょうね?

まぁ、つづけて行きましょう。
オフ会に参加して、参加メンバーからデートに誘われたところまでお話しました。

うん

まず、とりあえずデートなのかどうか考えました。

・・・
男女二人プラネタリウム
・・・
デートじゃん!!!!

でも、相手の女性、ド天然なんですよね。たぶん、そんなこと全く考えてないんじゃないかなーって気もしてくるんですよ。
考えているのか、いないのか・・・うーん

と、ここまで20秒くらいで考えて、結局一番無難にYesと答え、一先ずは考えを保留してデートを楽しむことに。

で、デート当日。

彼女、プラネタリウム中に爆睡

・・・
ま、まぁ、本屋とかめぐって、楽しい一日でしたよ?

そんなこんなで、お礼にデートに誘ったり、誘われたりを繰り返しているうちに、正式にお付き合いすることに。

で、当時そういうつもりで誘ったのか、思い切って聞いてみました。

彼女「あ、意識してなかったわ。男として

・・・orz

つづく